【便利グッズで快眠】赤ちゃんにスリーパーをおすすめ!

スリーパー注意点

スポンサーリンク


赤ちゃんが寝ている間に布団を蹴飛ばしたり、いつの間にか寝返りをうって布団からはみ出ていることは日常茶飯事。

夏ならそんなに心配することもありませんが、寒い時期だと風邪をひいたり、おなかを冷やしたりしてしまうのでは…と気が気ではありません。

かといって、赤ちゃんが寝ている間ずっと布団をかけなおしていたら、ママの方が体調を崩してしまいます。

 

そんな時に便利なグッズが「スリーパー」です。さまざまなデザインや大きさや機能があるものが販売されています。

これから寒くなる時期におすすめしたい、スリーパーのメリットやデメリット、上手な選び方についてご紹介します。

 

スリーパーの魅力1:機能性が良い!素材も豊富に選べる

スリーパーは生地の素材に応じて、機能性にも違いが出てきます。

子供が眠るお部屋の環境や、季節に応じて使い分けするといいかもしれませんね。

寒い時期に活躍してくれる、保温性の高い素材からご紹介していきます。

 

ダウンスリーパー

羽毛がキルト状に入った作りです。羽毛なので保温性が高いうえに、通気性が良く寝汗などによる湿気を上手に逃がしてくれます

さらに、室温環境に応じて保温性を調節してくれるという優れた機能を持っています。そのため、体温が高めの赤ちゃんでも熱がこもってしまう心配はありません。

 

ダウンだと家で洗濯できない…と敬遠されがちですが、最近では家庭用洗濯機で普通に洗濯出来るものも増えているので、購入前に確認してみて下さい。

赤ちゃんが身につけるものなので、手軽に洗濯できるほうが安心して使えますもんね。

 

アクリル・マイクロファイバースリーパー

この素材は価格も手頃で、かわいいキャラクターがプリントされているものなど、色柄の種類が豊富です。

保湿性には優れ、軽量なのでごわついた感じはありません

ただ、吸湿性が低いため、寝汗がスリーパー内にこもりやすいのが難点です。

 

綿毛布スリーパー

綿毛布は薄手で柔らかく、赤ちゃんのお肌にも優しい素材です。綿製品なので静電気が起きる心配もなく、吸湿性にも優れています。

敏感肌の赤ちゃんにも安心して使えます。

羽毛やアクリル、マイクロファイバーに比べて保温性は低くなりますが、室温が温かく保たれている環境であれば、冬でも十分活躍してくれます。

 

ガーゼスリーパー

ガーゼ素材には3重~6重など生地の厚みに少し差があります。

ガーゼは吸湿性に優れているため、赤ちゃんの寝汗も上手に吸収してくれます。

生地自体に空気を多く含んでいるため、ふんわりとした感触で柔らかい赤ちゃんの肌にも優しい肌触りです。

 

ただ、保温性はかなり低くなりますので、夏の終わりから秋にかけて「少し肌寒いかな」と感じる時期の使用をおすすめします。

 

スリーパーの魅力2:掛け布団での窒息のリスクが減る

冬本番に突入すると、大人は毛布に厚手の掛け布団なしでは眠れません。

だからと言って、赤ちゃんも寒いだろうからと同じように布団をたくさんかけたりしていませんか?

大人の感覚で赤ちゃんに同じように布団をかけてしまうと、その重みで窒息してしまう危険があるんです!

 

特に、寝返りを始めたころの赤ちゃんは思っている以上に寝ながら動いています。

もし寝返りしながら布団に潜り込んでしまい、赤ちゃんの小さな顔に思い布団が乗ってしまったら…最悪の事態が起きてもおかしくない状態です。

 

危険防止のためにも、赤ちゃんには赤ちゃん専用の軽い布団を使いましょう!

軽い布団では寝返りしてすぐに布団がはだけてしまう…と心配のママもいるはず。そこで使ってあげたい便利グッズがスリーパーです。

 

スリーパーなら、赤ちゃんがどんなに動き回っても身体から離れてしまうことはありません。

スリーパーの上に軽い掛け布団をかけてあげれば、それで充分温かく眠れますよ。

 

ここは注意!スリーパーのデメリット

寒さ対策の便利グッズであるスリーパーを選ぶ時に、注意してほしい点が一つあります。

「大きくなるまで長く使いたいから…」と大きめサイズを購入するのはNGです!

 

入眠中の窒息のリスクを減らすためのスリーパーですが、赤ちゃんの体に対して大きすぎるものを着せてしまうと顔がすっぽりと中に入ってしまい、かけ布団と同じように窒息してしまう危険があります。

また、大きすぎるとごわついて赤ちゃんの心地よく眠れなくなってしまいます。

 

何事も赤ちゃんにはベストサイズの物を選んであげるのが基本です。

赤ちゃんを危険から守るために、サイズ選びには慎重に!赤ちゃんのための便利グッズが不快グッズに変わってしまわないよう気を付けましょう。

 

種類が多くて困っちゃう!スリーパーの選び方

いろいろな種類があったどれを購入したらよいのか迷ってしまいます。そこで、赤ちゃんに合ったスリーパーを選ぶポイントをまとめました。

 

素材

素材選びのポイントは、使う時期のよって異なります。

 

夏から初秋にかけては通気性が良く、寝汗による湿気を上手に吸収してくれるガーゼや面毛布素材がベスト。

肌寒くなる秋から冬本番にかけては、保温性に優れた羽毛やアクリル、マイクロファイバー素材のものがおすすめです。

冬でも寝室の暖房をかけて過ごすようなら、綿毛布でも十分。

 

季節と寝室の温度環境に応じて選んであげてください^^

 

形状

形もさまざまなものがあります。

袖のないベストタイプの物から、袖のあるもの、足元まで覆われているなど多すぎて迷ってしまうほどです。

 

寝ている赤ちゃんの手が冷たいのは寒いから?と思ってしまいがちですが、赤ちゃんは体内にこもった熱を手や足から放出します。

赤ちゃんの体を触って温かいようであれば大丈夫です。

 

寒そうだから…と手先まで覆ってしまうスリーパーを着せてしまうと、赤ちゃんは熱の放出が出来ずに体内に熱をこもらせてしまうことがあります。

また、袖のあるものだとごわついて赤ちゃんが身動きをとりにくく、寝苦しさを感じてしまうこともあります。

 

そう考えると、寒い冬でもベストタイプのもので十分ですね。

実際に私も息子にベストタイプのものを着せています!

 

まとめ

寒くなる季節、赤ちゃんが寝ている間に風邪をひいてしまわないかと心配です。

寝返りをうち始めて、布団からはみ出てしまう頃になるとさらに不安も増えます。

でも、寝相が悪い赤ちゃんにスリーパーを着せてあげれば、布団から出てしまう心配もありません。

安心できればママもゆっくり寝られますね!

 

赤ちゃんの成長とお部屋の環境を考慮して、寒さ対策の便利グッズであるスリーパーを選んであげてくださいね^^

スポンサーリンク



シェアをお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です